健康でいることがコロナによる肺炎を防ぎます。体力、免疫力を上げるには高濃度ビタミンの接種、体を冷やさない保温と充分な睡眠をとること。一日一回は高体温になるように運動。そしてカイロ治療で血行を良くし体調を整えることです。テレワークによるリモート腰痛、ストレス肩こり、バリバリ、ゴワゴワの体をほぐして新しい環境を乗り切りましょう。

腰痛は冷やす、温めるどっちが効果的?

ふだん体は、どこでも冷やしてはだめです。

腰腰で墨田区の病院に行ったら、看護婦さんに「腰は温めたほうが良いですよ」と言われたんだけど、病院から渡されるのは冷たいシップだけ。

「腰痛にはどっちが良いのか判らなくて、シップの上からホッカイロ張っちゃったわよ」という方がいました。

ケガや打撲などの炎症ではまず冷やします、が慢性の場合は温めるほうが効果的です。

炎症のときも冷しすぎないようにすること、通常の体温に戻れば充分です。

いつまでも長く冷やしすぎると逆に治りが遅くなります。

プロスポーツ選手の真似をしてスプレーなどで瞬間に冷やすのは筋肉を痛める元になります。

最近のアスリートは冷やさず、温めて治す方が主流になっています。

冷やすと気持ちが良い、温めると気持ちが良い、どちらも気持ちの良いほうが効いていると思ってください。