冷やすと気持ちが良い、温めると気持ちが良い、どちらも気持ちの良いほうが効いている

ふだん体は、どこでも冷やしてはだめです。

氷柱相撲看護婦さんに「腰は温めたほうが良いですよ。」と言われるんだけど、病院から渡されるのは冷たいシップだけ。

「どっちが良いのか判らなくて、シップの上からホッカイロ張っちゃったわよ。」という方がいました。

ケガや打撲などの炎症では、まず冷やしますが慢性の場合は温めるほうが効果的です。

炎症のときも冷しすぎないように通常の体温に戻れば充分です。

いつまでも長くやりすぎると逆に治りが遅くなります。

スプレーなどで瞬間に冷やすのは筋肉を痛める元になります。