身体も心も頑張ったコロナ対策自粛お疲れさまでした。肩はバリバリ、足はパンパン、ストレスでリモート腰痛も増えています。新しい環境、新しい日常が始まりました。明るい未来へ向かいましょう。
CATEGORY

病は気から、気とは何か、愉気法

カイロプラクティックくまくらの愉気、気功、病は気からなどについて

野口晴哉氏の愉気法

野口式整体法、日本整体協会では「愉気の会」と「活元運動の会」を公開しています。 出版物の「愉気法」等において、気の定義付けと解説がされております。 気の治療については最もわかりやすく、的確な説明であると思います。 野口晴哉氏も遠隔治療を行っており、弟子には透視術の指導もしたようです。(内容が長くなりますので探してみてください)

東洋医学の経絡

経絡と再現性 人体の頭の先からつま先まで通っているのは血管、神経、リンパ腺のみですが、東洋医学では他に「経絡」というものがあるとしています。 死体を解剖してもそれは出てきませんが、生きている人体のある部分を刺激すると、神経反射とは違う反応が明らかに出ます。 科学的な実証は困難ですが、そこに経絡があるとしか言えないわけです。 では血管には血液が、リンパ腺にはリンパ液が流れているように経絡には何が流れ […]

中国気功法

気功は自分で自分を治す法 日本気功協会では「仙遊功」という気功体操を普及させており、協会の方の話によると「気功は自分の身体を自分で治す方法であり、外気功や武術気功はその一部でしかないです。」との事です。 日本で始めて気功を紹介したときに後ろから気功で人を倒すという技を自分と先生で見せたが、あれは互いに練習しあい気が感応しあう者でなければ出来ない。 初対面の者には無理なことで、まるっきりウソというわ […]

虫の知らせは、寄生虫か?

昔から人についている寄生虫は、害がないそうです。人が病気で死んでしまっては、自分も生きてはいけなくなるので、むしろ人の犯す危険な行動を、回避させる働きがあるようです。 体に寄生虫がいると、アレルギーやアトピー、花粉症も治るようで、ダイエットにも良いようです。 寄生虫研究の藤田紘一郎先生は実験のため、サトミちゃんと名付けたサナダムシを、体内で飼育した際に、「人格が変わった」 と書いておられます。 「 […]

治癒力は、気力により拡大する

大事にしすぎるのもダメ。 「病は気から」といいますが、治そうとする気力があるものは治り方が違います。 気が心や体と調和したとき想像も出来ぬ気力が生まれます。 人は今までやれなかったことに挑戦しようと決意したときにこそ気力が充実します。 丈夫になるには大事にするだけでなく、少しだけ無理をすることが必要です。 「私は何もしませんので先生治してください。」という患者は治りません。 ついでに「少しでも良く […]

姫野源次郎氏の心術

雨に濡れない武術家、金縛りの術 美座時中氏の弟子である姫野源次郎氏も、気による治療のエピソードを持っています。 「やってきた患者の足音を聞いただけで、何処が悪いのかが解った。」 「すれ違いに体に触れただけで、相手を動けなくする金縛りの術をかけた。」 等など。 姫野氏は美座氏のほかに主水何某と言う武術家に師事しており、主水師は武術の達人として有名で、 「傘を持たずに出かけた先で、雨に有っても濡れて帰 […]

霊気投射で嫁姑バトル

美座時中氏の霊気投射療法 美座時中氏は著書に治療の実際として霊気投射療法、他に自癒霊動法、遠隔治療法を紹介しています。 「啓発されたる手の平を病患部へ軽く当てるのみにて、医薬で治しうる諸病はもちろん、医師の治せぬ病弱者、慢性の難症、精神病や重症麻痺者も驚くべき健康を得たり。 」 「この不可思議なる現象は、いわゆる心霊療法ではなく、また単なる迷信でも、ごまかしでもない。 当初から信じて手当てをしても […]

気が見える武道家

私の神道夢想流杖術の師匠、斉藤勝彦先生は対峙した相手の気が見えると言います。 気が見えるようになったきっかけは、女性の弟子が妊娠してからも、かなりおなかが大きくなるまで練習していたのですが、 ある時、目の前に構えた彼女の体が白く気に包まれているのが見え、それ以来との事です。 後日、気に詳しい中国の拳法家の方と対談の機会があり、そのときのことを話すと、 「母親の子供を守ろうとする気が瞬時に発動し見え […]

波動転写機の、ウソ?ホント?

波動転写機、というものがあります。 右側の物体(自分の右手など)の波動を左の物体(クリーム等)に転写することにより、その性質を変えてしまうというものです。 自分の体質に合った薬や自分の肌にあった化粧品を作れる、またその効果は持続するというものなのです。 確かにクリームはすべすべに、酒はうまくなります。 構造は至ってシンプルで、電磁コイルが内蔵されてるだけです。 メーカーのお勧めは尿療法で自分の尿を […]

気は風、風は波を起こす。

病は気からの結論。 西洋医学であるオステオパシーには、ブイスプレット療法というものがあります。 右手の指二本を後頭部から体の中心に向け当てると言うもので、患者には明らかな反応があり、特殊な能力を持つものには体の上を白い線が走るのが見えるといいます。 また、同様にスポンディーロテラピーには遠隔治療法もあるようです。 気はそのものの確認はできませんが、気による反応や影響は対象に現れます。 心音が心臓か […]