交番にやってきたジジイ、頭から手ぬぐいをほっかむりして、すでに酔っ払い状態です。スカイツリー

「オレぁ自分のうちがどこなのかは、判ってんだ。スカイツリーの下だ。」

「オレぁもう75だよ。目はいいんだ。」

「今日は豪勢だね。スカイツリーが2本立ってる。」

巡査は元気そうでお若く見えますよと嫌がらず対応してます。えらいなあ。

自転車屋に千鳥足でやって来たジジイ、

「乗るたびにハンドルがフラフラして、家に帰るまで三回も転んじまった。この自転車は危なくてしょうがない。どこかネジが緩んでいるみたいだから直してくれ。」

「ハンドルもネジもどこも緩んでないよ。緩んでるのはあんたの方だ。」

酒飲んで自転車に乗るんじゃあないよ。

定食屋でジジイが酔っ払いながら、日本語のよく判らない女の子をからかっています。

「あんた、歌うたってるヘリウムの女の子に似てるよ。」

「ヘリウム?パフュームだよ。おじさん。」

「そうそう、そのバキュームだ。」

「パフュームね。三人の誰に似てるの。」

「もちろんランちゃんだろう。そっくりだ。」

「キャンディーズ?そんなの、わっからないよ。」

「なに?日本語が分からないのか?」

「ちがうよ、おじさんの人間が、わけわっからないよ。」

「そりゃあ悪かったなあ。悪いと思ったら素直に俺に謝れえ。」

出たなあ、酔っ払いの訳が分からないサイテーな理屈が。

我が身を振り返って反省、反省。