身体も心も頑張ったコロナ対策自粛お疲れさまでした。これからは早く経済が復興できるように当院も再オープンいたします。腰も痛くない、どんどん歩ける、いい天気だ。明るい未来が見えてきますね。
CATEGORY

ファンクラブ通信より

ダイエット、三段腹は母親似?

「お父さん、うちは貧乏なの?」 「ああ、そうだよ。玄関の呼び鈴も、押すとビンボー、ビンボー、て鳴るだろ。」 「じゃあ、どうしてお母さんは太ってるの?」 「それは、他から声が掛からないように、太らせてあるんだよ。」 「水ばかり飲んで、水太りになったんじゃなかったんだ。」 「そういえば、最近おまえも、腹 […]

筋肉を鍛え、脂肪を燃焼させる、EMS運動

妻のクマママは、知り合いの床屋さんに 、 「ママ、夏までに10キロ痩せたら、どんな水着でも買ってやるよ。ビキニだろうがトップレスだろうが、ハイグレでもハイレグでも、なんでも任せときな。」 と言われ続けて、早や10年。 「痩せなきゃ着れないよー。」 と上書きされたダンボール箱には、洋服がいっぱい。 そ […]

祭りの準備と肩こり

「今年は睦が分かりやすいように、手ぬぐいの色でも変えようかね。」 「いっその事みんなで頭の毛、黄色に染めようか。」 「それじゃあ、まるで浅草サンバカーニバルだよ。」 「頭の毛の薄くなってきた奴は、どうすりゃ良いんだい。」 酔っ払いながらの打ち合わせの内容は、この程度です。 お神輿担いで肩や腰が痛くな […]

木場公園の梅雨時に思うこと

むかし、アジサイの木の下で、いつも子犬にオシッコをさせていた少年がいました。 「おじさん、アジサイは土壌が酸性だと青い花、アルカリ性だと赤い花が咲くんだぜ。」 オシッコが酸性かアルカリ性かは分かりませんが、実験の結果を学校で発表するのだそうです。 少年は毎日のようにやって来て、子犬がしないときは自ら […]

Taido 少女コミック 「瞳をそらさずにいて」

卍蹴りさんからぜひ購入するようにという、お達しが有り少女漫画のコーナーに行ってきました。 歌手の尾崎豊がやっていた武道「躰道」を題材にしたコミックです。 けして女の子が、ガン飛ばし合うような話ではありません。 「何この人、マニアかしら?」 と言うような、まわりの白い視線を感じながら、 「いや、子供が […]

芸は身を助けられるか?

柳生心眼流の島津謙治先生は、ほねつぎ治療院の院長です。 待合室には槍、冑、鎖鎌などが飾ってありました。 私の師匠が訪ねて行った時、治療院前の歩道で六尺棒を振り回して形を見せてくれたそうです。 古武道大会では甲冑を着て火縄銃と大砲を撃っています。 患者さんが怖がらないのかな。 新潟で習った玄制流空手の […]

深川めし、おさかな天国

長男は「住吉銀座の回転寿司でサカナの歌流してた。」 次男は「森下の、のらくロードでもサカナの歌やってた。深川めしの焼き鳥屋。」 三男は「おれなんか、仙台掘りの釣堀でも聞いたぜ。」 どこで何食ってるんだ、うちのダンゴ三兄弟は? 「サカナ、サカナ、サカナー。」は耳に残るなぁー。 ちなみにクマママはパチン […]

千田神社のサイレントナイト

「ねえ、どうしてうちにはサンタクロースがこないの?」 「そりゃあ、家はキリスト教じゃないからなあ。その代わりにナマハゲは来るぞー。」 と、我が家では教えてあるのでクリスマスの夜に煙突からナマハゲが、 「悪りい子はいねがー。」と入ってくるのを想像し「こわいよー。」とその夜は早く寝てしまいます。 節分に […]

春の七草、野草の会とは

70年代当時の若者たちはサークルと称して、看護婦さんや保母さんを連れ出してはよく遊びに出かけたもんです 。 会報もわら半紙にガリ版印刷だった頃は、字が擦れて何が書いてあるのか分からない事もよく有りました。 横線が見えず片仮名の「サ」 が「ソ」になってる記事などは悲惨でした。 「みんなで高原へ、ハルノ […]

清澄庭園、路上生活の思い出

80年の夏でした。 友人の結婚式場を確保するため受付け日の三日前から清澄庭園の門の入り口へ数人で座り込む事になったのです。 夕方になると近所の子供たちが寄って来て 「兄ちゃん達、何やってんだい?俺も手伝ってやるからアイスくれよ。」 下町のガキは物怖じしない。 夜になると公園にいる浮浪者が寄ってきて […]

歌え、「荒ぶる」 早稲田大学ラグビー部

早稲田大学ラグビー部は2003年、続き2005年、2006年も優勝し、子供の時から知っている伊藤雄大は当時プロップで活躍していました。 五郎丸選手は三年下で早稲田のチームでプレーしてましたが、ヤマハ発動機ジュピロのチームでも一緒でした。 早稲田の監督だった清宮さんの息子が高校野球で大注目されてるのも […]

ガリレオ福山雅治さん、日本橋浜町の高虎さんでご休憩

テレビドラマ「ガリレオ」の劇場版映画、「容疑者Xの献身」を見ました。 天才数学者高校教師役の、堤真一の通勤コースが、清洲橋から新大橋。 現場が見知ってる所ばっかりで、うれしくなりました。 事件の女性が働くのは浜町公園の目の前の、お弁当屋さん、という設定なのですが、 あれ、その隣は、なんと「高虎商店」 […]

泉谷しげるさんの富岡八万宮奉納ライブ

2009年8月カイロプラクティックくまくらは夏休みに突入中。 二之宮神輿を追っかけて、祭り三昧の日を送っておりますが、 富岡八幡宮で、泉谷しげるさんと会えました。 「泉谷しげるのこらこら放送局」が、テントを出して、 深川祭り仕様の本染め手拭を販売していました。 忌野清志郎さんが亡くなり、追悼の奉納ラ […]

サイババとヒーリング

前世を透視する等というとオカルトっぽいですが、最近はやりのようです。 私には全く分かりませんが、知人のご主人(インド人でサイババの弟子、奥さんが通訳します。)がやっておられます。 たまにインドへ修行に行って留守のときがあるようです。 サイババの誕生日は、11月23日で、その数週間前から、信者は寺院に […]

お姫様が来た

2010年6月に、長男夫婦に初孫の女の子が生まれました。 我が家は何しろ男の子ばかり三人のダンゴ三兄弟でしたから、近所の方に「4人目に生まれるのは、きっと男の子よー。」などと言われても、ここで男の双子でも生まれた日にはたまらないので未来の孫に期待していました。 そして待つこと22年、ついに待望の女の […]

吉村ゆらさん、たまゆら会

上方舞吉村流の、吉村ゆらさんは、向島で踊りの稽古場を持ち、子供たちの指導にもあたっています。 吉村流四世はタレントの、ピーター池畑慎之介さんの父上で、人間国宝になった方です。 吉村ゆらさんが主催する、「たまゆら会」の発表会の招待券をいただき、見に行きました。 子供たちもとてもかわいくできましたが、ゆ […]

漫画家高瀬斉さんの、日本酒教室

日本酒を、こよなく愛する漫画家、高瀬斉先生の、お話を聞きました。 ジョーコンという、38度の日本酒を飲みました。 参加者は、酒蔵の方、女性の利き酒師の方、出版社の方など様々でしたが、この日は テレビで話題の天才少女料理人こごまちゃんのお母さん、「酒ご飯あかね雲」のごまさんとも名刺交換しました。 講習 […]

春風亭昇太さん、立川志の輔さんの土産話

治療院にやってきた春風亭昇太さんが、立川志の輔さんとベトナムに行った時の話をしてくれました。 繁華街で取材中に、新潟から来た、観光客のおばさんたちに見つかり、握手攻めにあってしまった志の輔さん。 「新潟あたりの田舎者は困るな、こんなとこまで来て声かけなくっても良いだろうに、仕事にならないよ。」 等と […]

松坂大輔御用達よろず亭

大将が高齢のため閉店しましたが、森下の「よろず亭」は松坂大輔さんと、ご両親がよく来られていました。 ラグビーの伊藤雄大も御用達です。 お店の中はラグビーや野球のグッズがいろいろ。 治療院ファンクラブの皆さんに誕生日祝いをやって頂いたときの写真です。 おすし屋さんなのに、ステーキ、イタリアンも作ってく […]

めくるめく新宿の夜

「こんど歌のライブがあるので見に来て。」 「どこでやるの?」 「新宿コマ、、、」 「えー!新宿コマ劇場?」 「、、、の隣のビルの8Fです。」 つまり、歌の学校の発表会ライブだったのです。 ということで久しぶりに夜の新宿に出かけていきました。 昨日のお祭りでゲットしたビニールのおサルをプレゼントしまし […]