錦糸町のアットホームな治療院
地元密着で自己予防を指導する、明るいカイロプラクター。

対談 元全日本バレーボール、三屋裕子さん
雑誌、月刊ガイア掲載 対談インタビュー記事

三屋 こちらの治療院では、どういった施術をなさっているんでしょうか。

熊倉 まあ、せっかくの機会ですし、「ドイツ式カイロプラクティック」を体験していただきましょうか。

三屋 ハイ、私の場合は全身にこりが渋滞しているようで、、、。(早速、腰をおさえた所、)

キヤァーッ、痛い~。先生に押さえられる箇所は、みんな痛いですね。

熊倉 今私は食パンを押して戻ってくる程度の力しか入れてないんですよ。ドイツ式療法に力はいらないんです。

三屋 えー、本当ですか?

熊倉 誰も信じてくれませんが本当です(笑)。(施術の後に、もう一度腰を押さえると、)

三屋 あれ?全然痛くない。ほんの十五分前までは、あんなに痛かったのに、、、。信じられませんよ。

熊倉 もう腰は、象が踏んでも壊れませんよ(笑)。

三屋 フデバコですね。若い人には分かりませんよ、その話は(笑)。しかし本当に体の根本から良くなった気がしますね。

熊倉 はい。根本療法と共に速効性があるのが、「ドイツ式カイロプラクティック」です。

腰痛の原因は腰骨だけではないんです。周辺の筋肉をも正常に整えることで骨は自然に調整されます。

さらに内臓器官までが良い方向に働き出し、それが自然治癒力の活性化につながるわけです。

三屋 地元密着で、とてもよいお仕事だと思いますが、今後の方針としてはいかがでしょうか?

熊倉 そうですねえ、奥さんはエプロンのまま、ご主人は仕事着のままで、気軽にお出でいただけるアットホームな治療院としてやっていきたいです。もちろん料金も少なくてすむようにね。

他にも予防のために自分で良くなるためのアドバイスや、絵入りで解説した小冊子を作って、お渡ししているんですよ。

三屋 今後も地域の皆さんのために、ご尽力ください。ありがとうございました。

熊倉 ありがとうございました。


三屋さんは現役時代には無かった腰痛、肩こりが引退後に一気に出たそうです。
錦糸町まで整体においでいただきありがとうございました。

息子が中学校で出来たばかりの、一年生だけのバレー部に入った頃の話をしました。
初めての試合で、「ソーレ」 と来たサーブボールを、両手で取ってしまいアウト。
「会場は大爆笑、もちろんチームは最下位でした。」 と話したところ、「誰でもはじめは素人ですから。」 と、色紙にガンバレと書いてくださいました。
でも次の年にはなんと、都大会に出場するほどのチームになりました。