50代は半数以上がヘルニアです。
ペン

慢性腰痛で椎間板ヘルニアと診断され手術した8割以上が再発し数回の手術が必要になると言われています。

手術せず治療を続けた者との5年後の経過が、手術しなかった方が良いという報告があるそうです。

ヘルニアの手術をしたのに腰の痛みが取れないのは原因がヘルニアではないからです。

手術をした後から新しい治療法が発見されても、残念ながら手遅れになるわけで、病院でも今ではなるべく手術せずに治療を続ける方が主流だそうです。

ドイツ式は強い力で腰の骨をボキボキする様なことはありませんし、まったく腰をいじらず施術することもあります。

事故などで手術を受けた方も、手術で身体に金属が入っていても、手術をしたくないと思う方も、他で断られたという方も、どうぞご相談ください。