くよくよせず、いつも楽しい気持ちが作れれば、
病気との戦いは勝ったも同然です。

体の手入れは、お肌の手入れと同じです。

乾杯プロスト「私は何もしませんので、先生が治してください。」というのでは治りません。

「少しでも良くなればと思ってきました。」という人は少ししか治りません。

必ず全部治ってみせるという気力で動いていくことが健康への道です。

丈夫になるには大事にするだけでなく、少しだけ無理をすることも必要です。

受身なだけでなく「自分の体は自分で治す」という気持ちが回復を早め、再発を防ぎます。

そして正しい食事、適度な運動と休息を取り、古い良くない習慣に戻らないようにする事。

肩こりもぎっくり腰も起こさない、悪くしないというのが一番です。

がんばった自分へのご褒美に、メンテナンスチェックには月一回、急性には間を空けず続けて来て下さい。

まずは電話でご相談ご予約下さい。