絶望からの奇跡的な回復。美座時中氏の無薬療法研究

美座時中氏は生来の病弱で十歳のときに重い眼病のため二年の休学となり、青年期には命にかかわる重病のため視力、聴力を失う危機に遭います。美座時中氏

氏は当時のことを 「名医の治療も手厚き父母の手当ても少しの効果も無く、このうえは生きがいも無くむなしく体を横たえていくしかない、という医師の宣言には天をも恨み苦悩の末、命さえ絶たんかと企てたことも一度ではなかった。」 と著書で語っています。

しかしある日、「薬以外に、本当に病気を治す方法は無いのだろうか。」 と思い立ち、ありとあらゆる無薬療法、鍛錬法を全く決死の精進努力を自己の体に施し、奇跡的な回復を見たのでした。

大正時代に治療法を公開

その後、医学の最先端だったドイツに留学した美座時中氏は、カイロプラクティック、オステオパシー、メカノテラピーなどを学び、さらに様々なヨーロッパ式手技療法を研究。

帰国後にこれを公開し「奇跡的霊腕」「驚くべき偉効」と新聞などにも絶賛されました。

美座療法の全国的な発展

美座氏は、昭和五年に「美座式保健治病術」を昭和六年には「美座療法とカイロー物語」を出版。

各地で講演を依頼され軍隊や警察署、大企業の三越、鐘紡などの職場や工場、大学や教会でも療法を公開。

全国的な「美座式療法」の普及につとめ、1000人を超える数多くの協会員を得ました。

正しき脊柱に病気無し。自然に還れ。快食、快便、快眠こそが保健のモットーである。健康は富に勝れり。

病んで後、初めて健康の価値を知る。自分の健康は自分で保て。

食事、労働、休養、運動、睡眠の五律を完全に履行していれば自然に健康となる。

美座時中氏の言葉は今も変わらぬ健康の本質を示していますが、実は大変な病苦にみまわれた青春でした。

わたしもドイツ式の正統伝承者として、この言葉と技を後進に伝えてまいります。

敗戦と、アメリカGHQによる解散

全国的に普及し人気を博した美座式でしたが、敗戦によるアメリカGHQの政策で、カイロプラクティックは鍼灸などと同様に全て禁止され美座療法の協会も解散させられました。

日本のカイロプラクティックの創世記に貢献した美座時中氏は、1962年に亡くなり後継であった実弟と息子さんも早世しました。

しかし、そのテクニックは限られた弟子に伝承され今に至っています。

西洋、東洋の療法、健康法を探る

20世紀初頭、当時の西洋には香油塗擦法、強肺術、曲直法、クリスチャンサイエンス(宗教治療)、自然療法、ローランド式強健術、ソノテラピー(分体療法)、ハマパシー(整体医術)、健康長生法、ラジカルテクニック(根元療法)など等の無薬療法が在りました。

また日本には川合(肥田)式強健術、仲居氏の自強術、江間式気合術、臼井氏の霊気療法、藤田氏の息心調和道、小山氏の血液循環療法などの鍛錬法、療法がありました。

美座時中氏が研究対象としていたものには、他に催眠術、びわの葉、紅花、肝油、松葉、栄養療法、電気療法などもあったようです。

美座氏が患者に行った療法の内容は、身体の骨格脊椎矯正法と、数種類の自己体操の指導、断食療法、紅酸療法、食事栄養指導、自己暗示誘導があります。

他には変わったものとして、ブラナ(霊気)投射治療、自癒霊動法、遠隔治療法もおこなっています。

これはオステオパシーの「ブイスプレット療法」スポンディロテラピーの「人体ラジウム療法」野口式整体法の「愉気法」「活元運動」などと同様のようです。