トルマリン石リング、ブレスレット、ネックレス、ペンダント、ラッキーストーン、そんなもので、美容やダイエットがどうなるものでもないですが、気のせいの他に、根拠があるのか、見てみます。

トルマリンは、永久的な電極を持つ鉱物で、電気石と呼ばれています。圧力、温度、摩擦、などの動的作用、加熱などにより、半永久的に帯電する結晶で、水分(湿気)などに反応して、マイナスイオンを発生させます。

マイナスイオンは、空気のビタミンとも言われ、人体への良い影響が様々に発表されていますが、マイナスイオンの発生量と、効果の相関関係がどのように示せるか、が今後の研究課題でしょう。

トルマリンを使用した商品にはリング、ブレスレット、ネックレス、テープ、化粧水等の他に、マット、毛布、衣類等も有ります。しかし空気などによる摩擦が広い面積で起こらないと、理屈としては良い効果が出ません。

「リング、ブレスレット、ネックレスには、効果が無い。」 とNHKで実証されてましたね。

その他に問題は、大部分が中国からの輸入品で、品質にばらつきが出始めたこと。商品の表面のみにトルマリンを塗り、使用によりはげ落ちていく物があること。価格もまちまちで、ブームに便乗した粗悪品もあり、まさに玉石混合の業界となっていることです。

最近トルマリンを表面ではなく、内部に練りこんだ、ジェムスという繊維がYKKから発売され、特許になりました。ジェムスは、遠赤外線発生機能も強く持っており、手触りで不思議に暖かいです。膝、肘、リストのバンド、腹巻などが開発されています。

ハンカチサイズのマットを、アンパンに掛けておくと、不思議に暖かく、硬くならず、おいしいです。気のせいかな?