「サイってなに?十手みたいね。」マングーチュ1

「琉球古武道の武器で突いたり投げたりもする物だよ。」

「あら、サイを投げるってこの事だったの?」

「いや、そのサイは動物園のサイだよ。」

「ぇえ?どうやって投げるの?背負い投げとか?」

「逆さにして入ります。黒サイの半て時代劇で見るでしょ。」

「それに四角いサイの目をお料理するでしょ。」

「まあ、サイの目って四角だったの。動物園で見た時は丸かったと思ったのに、、。そうだ、サイって患者が医者に見離された時に投げつけるやつね。」

「医者を先に殺す気かい、それはサジ。沖縄じゃあ、サイに会ったらハイサイって挨拶するんだよ。」

「ふーん。別れる時は、ほなサイナラ~。」

話し相手の天然ボケのマングーチュは知人の「細君」です。