「ほねつぎ」は柔術の裏ワザで武術家が怪我の手当てのために習得したものだそうです。

なぎなたブラジル流柔術が流行っていますが、日本のお家芸である武道を海外から修行に来る女性も多く、国際結婚も増えました。

夫婦喧嘩も派手になり空手のトンファーやヌンチャクを持ち出され腕を折られたという先輩もいたなあ。

芸者と言うのは本来は武芸者のことだったそうですが、今は武術も踊り、お茶、お花と同様に芸事としてたしなむものになりました。

我が家には楽器の他に武器もごろごろ。

日本刀、木刀、竹刀、杖、六尺棒、ヌンチャク、サイ等。

他にはムチ、ナワ、ローソク、ハイヒール、女王様とお呼び、、、。